×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の服装の基本

結婚式に招待されるはうれしいことですが、服装は悩んでしまものです…しかも、結婚式では白色の衣裳を着ることができるののは新婦だけ特権です。現在は結婚式のスタイルは様々ですが、全ての結婚式に共通するというものは、新婦以外は「白い服装を着てはいけない」というマナーです!ですが、白色の服装はどんなものでもマナー違反というものではなく、白色が多くならない服装であれば問題ありません。アクセサリーやヘアアクセサリーでも、多少白色が入っていてもマナー違反とはなりません。反対に、黒色のみの服装というのはもちろん縁起が悪いですし、喪服の印象となってしまうような黒色だけの服装は避けた方が無難です。
結婚式の主役は新郎新婦達ですから、それを忘れてご自分の服装が新婦よりも決して目立つようなことがないように注意する必要があります。結婚式の服装を考える時に、忘れがちなことは新婦のお色直しの衣裳です。前もって、お色直しで着る衣裳の色を聞いておくと、衣装直しの時の衣装と同じ色の服装を避けることができるので無難です。もちろん、そこまで気にしすぎますと、服装の色が限定してしまいますから、さほど気にしなくてもいいのかもしれませんが…相手を思えばこその配慮かもしれません。

>>結婚式のワンピース♪新着情報♪

結婚式で平服と言われたら?

披露宴ではある程度の肌の露出はいいかもしれませんが、結婚式の場面では年配の出席されている方々は肌の露出を嫌う場合が多いですから服装のマナーとしても配慮が必要です。もちろん、結婚式に招待されたわけですから、素敵な男性に出会うために、キレイな服装で結婚式に出席しようと考えます。
しかし、結婚式のような正装の場では、服装や服飾品にもマナーというものがありますから、しっかりマナーを守ったキレイな服装を心がけましょう。
結婚式の服装のマナーでは、「平服」と言う服装の指定があるようです。「平服」という服装は、礼服ではなくていいという事ですから、いわゆる略礼装のことをいいます。略礼装には決まりはありませんが、普段着とか行き過ぎた派手な服装はマナー違反となります。
男性の場合は、一般的な服装としてダークスーツの服装がいいでしょう。スーツというのは年齢を問わず、結婚式にふさわしい服装です。結婚式でのスーツの色は、黒系のスーツに白のワイシャツ、ネクタイはグレー系という色合いが一般的な結婚式の服装です。最近はスーツに色付きワイシャツという服装もOKです。
女性の服装の場合、パーティードレスやワンピース、スーツやツーピースなど流行の服装を着て、遊び心のあるパーティーアクセサリーも取り入れて、女性らしさやエレガントさを出していきましょう!

結婚式でのワンピース

結婚式の服装選びは難しいです。迷った時は、上品に見えるワンピースは強い味方となります。 カシュクールワンピース・ラップワンピース・ニットワンピースは、シックでなおかつ上品で気品があるワンピースとしても結婚式で十分見栄えある服装です。
結婚式でのラップワンピースといえば、ベルサーチのラップワンピース。シャープでシンプルな黒色が、女性の美しさや華やかさを表現してくれる服装でしょう。少し広めに開いているバックの肩のラインでは、上品でエレガントな女性を演出します。また、サイドに付いているストラップは、他の出席者と差をつけるディティールとなることでしょう。
他には、ニットワンピースの服装です。ニット素材のために、結婚式以外でもカジュアルダウンとして簡単に着こなせます。スカートの部分も膨らみすぎず、裾の部分のレース編みが脚長的な効果と全く重たく見えることのない絶妙なラインを醸し出します。また立体裁断のために、見た目のボディラインもよく見える服装です。
最後に、カシュクールワンピースです。スカートはボリュームが出るようになっており、上品な気品あるワンピースとしても結婚式で人気がある服装です。落ち着いたウール素材で、さらっとした着心地がとってもやさしいワンピースですが、ノースリーブのワンピースを選ぶ時は、ストールを肩に羽織る等であればマナー違反ではありません。

Copyright © 2008 結婚式の服装